このブログについて

【ネタバレあり】さんむそアプリ魏5章の感想。イケメンの誘いをスルーしてかわいい女の子に会いにいく主人公 

アプリ「真・三国無双」(さんむそアプリ)「魏5章」の感想。

注意
ストーリーのネタバレがあるので未プレイの方はご注意ください

感想

今回のメインは「蔡文姫」と「李典」の2人!

蔡文姫

推してるキャラの1人。清楚な性格にピッタリのキャラデザが好きすぎる。

でも、6での登場以来、ストーリーで活躍しているイメージがあまりなかったから、今回魏5章のメインとして選ばれたのほんとに嬉しかった!

芯が強くてかっこいい

今回は蔡文姫の曹操の冷徹なやり方に対する悩みや決意がメインだった。

穏やかで優しい蔡文姫。

徐庶を降らせるために偽の書状を蔡文姫に書かせたり、劉備を守る民すら切ってく曹操のやり方に本当にいいのか?と悩んでしまう。

でも、曹操も目指すのは平和な世の中。

最短ルートかつ揺るがない安定した平和な世の中にするために残酷な道すら選んでいることを知る。

蔡文姫は曹操の考えを後世に残すために詩に残すことを決意。

辛い現実から目を背けずに自分の役目のために覚悟を決める姿!かっこいい!

キャラの心境変化が丁寧な描かれるところ、さんむそアプリのいいところだな〜。

実は・・・

新野の曹仁が劉表に攻められ救援に向かう主人公の道案内を命じられた蔡文姫。

穏やかで聡明な女の子。さぞ、頼りになるに違いないと思いきや。

目的地に全然辿り着けない・・・。

実は方向音痴なことが判明!

最初に主人公が蔡文姫のことを見つけられなかったのは迷子になってたからなのね。

賢そうなのに少し抜けてる。そんなギャップがかわいくて仕方ない〜!

親友

最後に主人公を「親友」っていう蔡文姫、最高だった。(恋愛対象「男性」を選択した)

自由に歩いてきた傭兵と囚われの身の詩人っていう今まで真逆の生き方をしてきた主人公と蔡文姫の関係性なのがよい・・・!

蔡文姫の同性向けの親愛台詞とかエンパの義兄弟向けの台詞が好きだから、さんむそアプリで主人公と蔡文姫が友達として仲良くしている見れてよかったな〜。

恋愛対象「女性」を選択してたらどんな台詞になるんだろう。

確認してみたいから性別変更機能実装してくれ〜!

李典

李典の勘に対する解釈が最高でした。

李典の言っている勘はあてずっぽうというわけではなく、日々の学びの積み重ねなんだね!

口調や見た目から軽いイメージがあったけど真逆だった。

真面目で常日頃から読書をして実践で活かす努力家。なのに自信がなくて、嫌な予感がしても、根拠をうまく伝えられないから見て見ぬふりをしてしまう。

そんな李典が主人公と信頼関係を築くことで自信がつき、勘を頼りに活躍して周りからの信頼を得ていく姿すごくかっこよかった!

後半での呉軍に攻められた主人公を李典が助けにくるところ最高すぎかよ。

「THE EPIC」が流れるの熱い。

かわいい一面も

めちゃくちゃかっこいい李典だけど意外にかわいいところも多くてにんまりしてしまう。

主人公や蔡文姫に褒められて照れてしまうところとか。

主人公にからかわれて動揺してしまうところとか。

どの姿もよくて・・・魏5章を読んですごく好きになったな〜。

度肝を抜かれる告白

烏林衝突後、主人公の無事な姿を見て安心した李典。

主人公を夜一緒に過ごすお誘いをする。

そんな告白シーンにこちらはドギマギさせられるものの・・・、主人公はまさかの行動!

蔡文姫の元に遊びにいく・・・!

友情は大事だけど・・・いいのか・・・?!

別日なのか?!じゃないと李典がかわいそすぎる!!

于禁と主人公が好き

序盤の主人公が蔡文姫を探すところで于禁との会話がみれてよかった。

廊下を走る主人公を注意するものの、于禁の言葉の端々から主人公に対する信頼が感じられるんだよね〜。仲良し〜。

もっと2人の友情を見ていたい・・・!

前へ
【ネタバレあり】さんむそアプリ魏4章の感想。乙女ゲームだと思わせて背後から鈍器で殴ってくるゲーム
次へ
【ネタバレあり】さんむそアプリ魏6章の感想。こんなに純粋な子を騙すな!
さんむそアプリ感想まとめ
【ネタバレあり】アプリ「真・三國無双」(さんむそアプリ)ストーリーの感想まとめ