このブログについて

【ネタバレあり】さんむそアプリ呉5章の感想。最後に爆弾を投下していく男

アプリ「真・三国無双」(さんむそアプリ)「呉5章」の感想。

注意
ストーリーのネタバレがあるので未プレイの方はご注意ください

感想

今回のストーリーは「夏口の戦い」と「烏林の戦い」!

メインパートナーは「凌統」!

主人公や呉のみんなで凌統の成長を見守っていく温かいお話。

主人公をライバル視しつつも、懐いてて主人公だけには弱音を吐いちゃう凌統が可愛くて仕方ない。

凌統の成長物語

凌統の成長に焦点を当てたストーリー、めちゃくちゃ面白かった・・・!!

失敗を重ねて成長をしていく泥臭い内容!だけど、それがいい!

お父さんの死で悔しい思いをした凌統。暴走していろいろやらかしちゃう。

甘寧を受け入れた孫権に切れてしまったり、功を焦るあまり単身で突っ込んで行ったり。

でも、呉のみんな、主人公や父から譲り受けた兵士たちが優しく見守られ、甘寧に説教されることで自分の間違いに気づく。

焦ったり意地を張らず、勝つためになにをすべきか考えるように変わっていく。

甘寧と共に戦うことに不満がある自分の部下たちに一緒に戦ってほしいと声を掛けるシーンは感動しちゃった!

江陵では皮肉は言いつつも甘寧とも協力をするようになっていく成長っぷり。

凌統って皮肉屋でクールな印象が強かったけど、すごく熱血なんだね!

5章で印象がいい意味でガラッと変わった。

主人公と凌統の関係にときめき

主人公をライバル視してて何でも張り合ってくる他のキャラにはない関係性すごく新鮮でよかった。

他のキャラは主人公に対して信頼とか尊敬とか最初から好意100%なイメージだから余計に。

でも、なんだかんだ言いつつ主人公に懐いててたまに弱音を吐いてくれるところがかわいい〜。

呉のみんなに凌統は主人公の弟分として公認されてて。

凌統がふさぎ込んだ時に「凌統の様子は?」って当然のようにみんなに聞かれてるところ笑ってしまった。

そして・・・最後の特大なネオロマ無双要素半端なかった。

ライバル関係とのギャップ!!不意打ちにドキドキしちゃったわ!!

凌統のはっきりものを伝えられるところかっこいい。

6エンパの恋慕では他のキャラが匂わせな中でしっかり好意を伝えるところが好きだった。

呉9章でも凌統がメインなんだよね?確か。

主人公と凌統、どうなっていくんだろう。楽しみだな〜!!

呉の仲良しさが最高!

凌統がお父さんの死にふさぎ込んでる時にみんなが心配して主人公に様子を見てほしいって言ってくるところすごく好き。

他の国にはないファミリー感。

お見舞いに使うアイテムがごはんってのも家庭的で暖かくていい。

孫堅、孫策というトップを立て続けに失うっていうとんでもない不遇さなんだけどみんな仲良し。

頑張れ〜!って応援したくなる。感情移入めっちゃしちゃう。

戦いなんてやめてみんなでぬくぬく仲良く過ごそうよ。

甘寧かっこよすぎ

呉では甘寧が最推しだから活躍してくれて嬉しい。

見た目ヤンキーだけど仲間思いで部下に慕われているのがかっこいいし。

凌統の父親を討ち取ったことに関しても自分の仕事として割り切っていて。

凌統に一切同情しないところもすごく好き。

江陵制圧で甘寧が凌統たちを助けに来るシーンが本当によかった!

お父さんの仇である甘寧の説教のおかげで凌統の目が覚めて・・・。

「THE EPIC」が流れてるのもまた熱い。

かっこよすぎてそのシーン何度も見返しちゃう。

さんむそアプリ感想まとめ
【ネタバレあり】アプリ「真・三國無双」(さんむそアプリ)ストーリーの感想まとめ